マンションを買うときの住宅ローンのコツとは?

マンションを買う時にローンの審査に通る方法とは

マンションを買う人の多くはローンを組んで買っていますね。3千万円も4千万円もする高価なものに対して30代から40代の夫婦が一括でポンと出せる時代ではないですからね。そうなると、マンションを買う場合には最初の関門を何とか通過しなければならないことになります。ローンを通過するコツはいくつかありますが、どの金融機関もお金を貸す場面で一番重視するのが信用事故がないかどうかという点ですね。信用事故があるとほかの条件が問題なくてもそこで試合終了です。

信用事故で問題になることとは

信用事故で一番問題になるのは、借金がある状態ですね。例えば、金融機関から借金をしている場合や、消費者金融から借金をしている場合もこれにあたります。返済していない場合は返済した後に再びローンの審査を通すことが必要になりますね。ただし、すぐに審査を通しても通らないことがあるため、返済後2、3か月経過した後に審査を通したほうがいいでしょう。もう一つ問題になるのは過去に借金を踏み倒している場合でです。この場合は7年間は一切お金を借りることが出来ません。

審査通過後は返済できるかどうかが重要

住宅ローンの審査が無事通り、念願のマンションを購入することが出来たとしてそこで一安心になりますが、購入しておしまいではなく、毎月完済するまでローンを返済し続けなくてはならないことに注意をしましょう。ローンは無理をして組むと後でローンが払えずにせっかく購入したマンションを売却しなければならなくなるため確実に返済できる額を決めて余裕を持って返済することですね。駐車場代や毎月かかる修繕積立金の存在も忘れずに!

新築マンションは、新築なのでいろいろな設備も整っていて台所などは最新式の設備を使うことが可能になっています。