賃貸で猫と暮らすときに必要になってくる対策とは

猫の引っ掻き傷対策をする

猫を飼っていると気になるのは、猫の引っ掻き癖ですよね。特に賃貸物件の場合は、退去する時に費用が発生することがあるので、猫をの引っ掻き癖に対してはある程度の対策が必要になってきます。では、どのようにすれば引っ掻き癖の対策になるのかというと、まず、壁や柱にカバーをするということが大事になってきます。特に猫は壁や柱を引っ掻くので、しっかりとカバーをしていれば安心です。次に、ふすまや障子は外してカバーをするという対策も必要になってきます。最後に、猫の爪はしっかりと研いでおいて、しつけもつけておくことも重要です。

猫のにおいの対策をする

猫には他の動物と比べると体臭が少ない動物ですが、その排尿や排便をした時ににおいが出てきます。そこで注意点としては、ベランダに猫のトイレを置かないようにしなくてはなりません。ベランダに猫のトイレを老いてしまうと、近所迷惑になってしまい隣人とのトラブルにまで発展する恐れがありますから注意が必要になってきます。また、猫は壁などの角などに自分のにおいをつける習性がありますから、壁などの角にはクロスなどのカバーをしておくとよいでしょう。

猫が出す音の騒音対策をする

猫を飼っていると人間は出さないような騒音を出すことがあります。あまり騒音がひどくなると、いくらペットが飼える賃貸物件であってもクレームがきてしまう恐れがあります。そこで、どのような対策ができるのかというと、まず猫の発情期の大きな声を防止するために、去勢や避妊をするということが大事になってきます。発情期の猫の声はいくらしつけをしても効果はありません。次に、猫はジャンプしたり走ったりしますから、床がフローリングの場合、下の階に響いてしまうことがあります。この問題を解決するためには、床に防音効果のあるカーペットやじゅうたんを引くという対策が考えられます。

札幌の賃貸物件はお手頃価格です。2LDkのマンションで駅まで徒歩10分以内でも5万円代から借りる事ができます。